【靴を見直す時のポイント】足の症状は健康上の問題を示します

もし、あなたのが痛むのなら、履いている靴を見てみましょう。ハイヒールを履いて毎日を過ごしていませんか?あなたの靴は本当に合っていますか?新しい靴を買う前に自分の足のサイズを測ったのはいつですか?

痛む靴に大金を払う?

米国のある調査によると、ほとんどの女性は足が痛くなる靴を履くのにうんざりしていることがわかった。調査に参加した女性たちは、自分を痛めつける靴のために50ドルから200ドルを消費しています。[1]

  • ヒールの高い靴や、過度に足に合っていない靴は、外反母趾、かかとの痛み、つま先の変形、さらには神経損傷などの問題を引き起こす可能性があります。
  • ペタンコの靴も、踵を支えるものがないため、大きな問題です。足の矯正器具をつけると、かかとの位置を修正し、足のアーチをサポートすることができます。

不適切な靴を履くと、足が痛くなるだけでなく、膝の問題にもつながります。

足の症状は健康上の問題を示す

足の痛みの原因は靴である可能性もありますが、足は一般的な状態を示すことがよくあります。

健康状態が足に与える影響例

  • 足首の腫れは、うっ血性心不全の可能性があります3。
  • 痛みや温度に鈍感な足は、糖尿病の兆候である可能性があります4。
  • 足の冷えは、循環器系疾患の症状である可能性があります。
  • 足の爪が曲がっている場合は、慢性呼吸器疾患の可能性があります5。
  • 足の悩みは靴だけでないかもしれませんので、一度医療機関を受診してみてください。

女性のための快適な靴

米国整形外科足関節学会によると、女性は6センチ(2.4インチ)以下のヒール高の靴を履くべきであり、かつ1日に2~3時間までしか履かないようにすべきです。

ヒールを長時間頻繁に履いていると、時間の経過とともにアキレス腱が短くなり、足の可動域が狭くなります。これはイキナスと呼ばれ、足の痛みだけでなく、複数の足の病気を引き起こす可能性があります。

足に合った靴を買う

足に合った靴を選ぶことは、足の痛みを解消するための第一歩です。

足のサイズや形は年々変化するので、5年以上測っていない人は、次に靴を買うときに測っておくとよいでしょう。また、片足だけでなく、両足を測ってみてください。足のサイズが異なる場合は、大きい方の足に合わせて靴を購入する必要があります。

靴を試着して購入する際の注意点

  • 靴のタグにサイズが書いてあるからというだけで選ばず、試着して自分の足に合うかどうかを判断して購入しましょう。
  • 試着してきついと感じた靴は、丈の長い靴ではなく、幅の広い靴を試着して購入しましょう。
  • 購入を検討している靴は、1日のうちで最も足がむくんでいる時に試し履きしてください。健康状態に関わらず、足は夕方、夜の時間が一番むくんでいるものなので、その時間帯にフィットしていれば、良い状態になる可能性が高いです。
  • 靴がきちんとフィットしていれば、立った状態で一番長い足の指の先と靴の先端の間に1センチから1.5センチほどのスペースがあるはずです。
  • 窮屈な靴が足に合わせて伸びることを期待すると、後で足が痛くなります。
  • 靴はつま先が丸みを帯びていて、つま先が「くねくね」動くようになっているものを選びましょう。先のとがった靴は、女性の場合、つま先が重なってしまい、後々非常に思いをすることが多いのです。

足のストレッチ

足の痛みの予防と緩和を助ける運動には、アキレス腱や足底筋膜を伸ばすホームエクササイズプログラムがあります。定期的に行うことで、足の痛みを軽減することができます。

腰の筋肉、大臀筋、ハムストリングス、アキレス腱足底筋膜に至るまで、下肢全体が硬くなっていることもあります。ですから、そのためのストレッチもしっかり行うとよいでしょう。

ハイヒールの未来

女性にとって朗報なことに、AOFASの調査によると大多数の女性が2.5センチ以上の靴を日常的に履いて通勤することはなく、6センチ以上の高さの靴を履いている女性は3%未満であるということです。また、20%の女性が運動靴を履いて出勤していると記されています。ファッション雑誌には、ピンヒールを履いた女性がよく登場しますが、実際には、平均的な女性はこのような履き心地が悪く、足が変形する靴で常に過ごすことはあまりないでしょう。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. Riskowski J, Dufour AB, Hannan MT. Arthritis, foot pain and shoe wear: current musculoskeletal research on feet. Curr Opin Rheumatol. 2011;23(2):148-55. doi:10.1097/BOR.0b013e3283422cf5
  2. Shakoor N, Sengupta M, Foucher KC, Wimmer MA, Fogg LF, Block JA. Effects of common footwear on joint loading in osteoarthritis of the kneeArthritis Care Res (Hoboken). 2010;62(7):917–923. doi:10.1002/acr.20165
  3. Yeboah J, Bertoni A, Qureshi W, et al. Pedal Edema as an Indicator of Early Heart Failure in the Community: Prevalence and Associations With Cardiac Structure/Function and Natriuretic Peptides (MESA [Multiethnic Study of Atherosclerosis])Circ Heart Fail. 2016;9(12):e003415. doi:10.1161/CIRCHEARTFAILURE.116.003415
  4. Chantelau EA. Nociception at the diabetic foot, an uncharted territoryWorld J Diabetes. 2015;6(3):391–402. doi:10.4239/wjd.v6.i3.391
  5. Sarkar M, Mahesh DM, Madabhavi I. Digital clubbingLung India. 2012;29(4):354–362. doi:10.4103/0970-2113.102824
  6. Medical Meanderings. American Orthopaedic Foot and Ankle Society Study. Google Books.
  7. Zöllner AM, Pok JM, Mcwalter EJ, Gold GE, Kuhl E. On high heels and short muscles: a multiscale model for sarcomere loss in the gastrocnemius muscle. J Theor Biol. 2015;365:301-10. doi:10.1016/j.jtbi.2014.10.036

Additional Reading

  • How to Wear High Heels to Avoid Injury. American Orthopaedic Foot & Ankle Society.