オリーブオイルの美容効果とは?注意点や副作用は?

オリーブを肌に塗ることには、メリットとリスクがあると言われています

は、食卓でよく使われる食材で、に良いことで知られています。オリーブオイルはビタミンや抗酸化物質が豊富で、肌のやエイジングケア、日焼けによるダメージの軽減に効果があると言われています。

オリーブオイルとは?

オリーブオイルは、オリーブの実を搾油して作られる栄養たっぷりのオイルです。健康的なと抗酸化物質が豊富に含まれており、肌に直接塗ると効果が期待できます。

オリーブは、桃やプラムと同じように柔らかい果物です。つまり、傷つきやすく、オイルの品質に影響を与える可能性があります。オリーブオイルのラベルに「手摘みオリーブ」と記載されているものを探せば、高品質のものを手に入れることができます。手摘みされたオリーブは、ステンレスのローラーにかけられ、ペースト状にすり潰されます。そのペーストをゆっくりと水と混ぜ合わせる「マラクセイション」という工程を経ます。こうすることで、オイルの分子が引き出されるのです。次に、このオリーブペーストを遠心分離機にかけ、固形成分と水分・油分を分離します2。

オリーブオイルは水分を閉じ込める働きがあるため、肌に塗ることで保湿効果を高め、のケアに役立てることができます。石鹸やローションなどの美容製品にも、オリーブオイルを配合したものがいくつかあります。

肌への効果

オリーブオイルには、健康的なビタミン、脂肪、抗酸化物質が含まれており、これらの成分はより健康的な肌作りに貢献することができます。オリーブオイルは水分を閉じ込めることで肌に潤いを与え、その抗酸化物質が老化の兆候を改善するのを助けます。

現在、オリーブオイルには以下のような美肌効果があることが分かっています。

  • 肌にうるおいを与える
  • を軽減する
  • 酸化ストレスに対処する
  • を増加させる
  • 肌を清潔にする
  • ニキビのリスクを軽減する
  • 創傷治癒を促進する
  • 抗炎症作用
  • 褥瘡を予防する

オリーブオイルの副作用

オリーブオイルは多くの健康効果をもたらしますが、誰にでも合うというわけではありません。過剰な油分は、毛穴の詰まりやニキビの原因になることがあります。また、お肌を刺激することもあります。2012年の研究では、オリーブオイルを局所的に塗布すると、のバリアが損傷し、敏感肌やアトピー性皮膚炎につながることが判明しました。オリーブオイルは、敏感肌の方は注意して使用する必要があります。また、乳幼児の肌にも決して使用しないでください。

使用方法

あなたののルーチンにオリーブオイルを組み込むことを開始する2つの方法があります。まず、オリーブオイルが主成分として記載されている製品に投資することができます。現在では、オリーブオイルを成分として使用している洗顔料、石鹸、保湿剤などがたくさんあります。

もう1つの方法は、今、あなたのパントリーに眠っているオリーブオイルを使うことです。化学添加物が入っていない、高品質のエキストラバージンオリーブオイルを選びましょう。保湿剤として少量、肌に塗布します。余分なオイルは清潔なタオルで拭き取ってください。余分な油分を取り除くことは、油分が毛穴に詰まるのを防ぐのに重要です。毛穴の詰まりは吹き出物につながります。

オリーブオイルは、毎日のスキンケアの一環として、または肌が乾燥していると感じたときに必要に応じて使用することができます。洗顔後、保湿のために薄く伸ばしてください。オリーブオイルは水分を閉じ込める働きがあるため、化粧水の後やメイクの前に使用するとよいでしょう。毎朝、日焼け止めを塗っている方は、日焼け止めの直前にオリーブオイルを薄く伸ばし、余分な分を軽く叩いて落とします。

オリーブオイルは、1日の終わりの頑固なメイクを洗い流すのにも役立ちます。ウォータープルーフのマスカラを落とすのに苦労したことがある人は、メイク落としがいかに肌に負担をかけるか知っているはずです。オリーブオイルはメイクを自然に浮き上がらせ、いつものクレンジングをより効果的にしてくれます。

パッチテストから始める

オリーブオイルを初めてお使いになる場合は、ゆっくりとしたペースでお使いいただくことをお勧めします。オリーブオイルが肌に合うかどうかを判断する簡単な方法は、数滴を肌の小さな斑点につけて観察することです。1~2日間、何の反応もないようであれば、より大きなパッチで試してみても大丈夫でしょう。もし、肌が赤くなったり、炎症を起こしたりするようであれば、オリーブオイルはあなたにとってベストな選択ではないことが分かります。パッチテストは、敏感肌の方やアレルギー体質の方には特に有効な方法です。

最後に

オリーブオイルの外用剤に期待される美肌効果について、ますます明らかになってきています。天然の保湿剤やメイクアップリムーバーをお探しなら、オリーブオイルが合うかもしれませんね。余分なオイルは常に拭き取り、反応を避けるために敏感肌への使用は避けた方が良いでしょう。オリーブオイルは光や熱にさらされると成分が変化することがあるので、ボトルは食料庫のような涼しく乾燥した場所に保管することを忘れないでください。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. Romana-Souza B, Monte-Alto-Costa A. Olive oil inhibits ageing signs induced by chronic stress in ex vivo human skin via inhibition of extracellular-signal-related kinase 1/2 and c-JUN pathwaysInt J Cosmet Sci. 2019 Apr;41(2):156-163. doi: 10.1111/ics.12520. Epub 2019 Mar 6.
  2. How Stuff Works. How Olive Oil is Made.
  3. Ozuguz P, Dogruk Kacar S, Ekiz O, Takci Z, Balta I, Kalkan G. Evaluation of serum vitamins A and E and zinc levels according to the severity of acne vulgarisCutan Ocul Toxicol. 2014 Jun;33(2):99-102. doi: 10.3109/15569527.2013.808656.
  4. Lin TK, Zhong L, Santiago JL. Anti-Inflammatory and Skin Barrier Repair Effects of Topical Application of Some Plant OilsInt J Mol Sci. 2017 Dec 27;19(1):70. doi: 10.3390/ijms19010070.
  5. Díaz-Valenzuela A, García-Fernández FP, Carmona Fernández P, Valle Cañete MJ, Pancorbo-Hidalgo PL. Effectiveness and safety of olive oil preparation for topical use in pressure ulcer prevention: Multicentre, controlled, randomised, and double-blinded clinical trialInt Wound J. 2019 Dec;16(6):1314-1322. doi: 10.1111/iwj.13191.
  6. Danby SG, AlEnezi T, Sultan A, Lavender T, Chittock J, Brown K, Cork MJ. Effect of olive and sunflower seed oil on the adult skin barrier: implications for neonatal skin care. Pediatr Dermatol. 2013 Jan-Feb;30(1):42-50. doi: 10.1111/j.1525-1470.2012.01865.x. Epub 2012 Sep 20.