スキンタイプとは何ですか?

あなたの肌タイプを知る
タイプ別
誰もが5つの肌タイプのいずれかを持っています。あなたの肌タイプに影響を与えるものはさまざまです。自分の肌タイプを知ることで、的な肌を保つためのスキン方法を確立することができます。

すべての肌タイプのためのスキンケアのヒント
Verywell / Jessica Olah

肌タイプにはどのようなものがありますか?
肌タイプは5種類に分けられます。それぞれの肌タイプには特徴があり、それを知ることで、より良いスキンケアを行うことができます。

ノーマル
ノーマルスキンは、まさにノーマルです。他の肌タイプに比べ、お手入れが簡単で、トラブルも少ないのが特徴です。

ドライ
は、水分が不しがちです。や皮むけが目立ちます。1 また、肌への刺激も強くなります。

オイリー
オイリー肌の人は、頻繁に吹き出物やニキビができる可能性があります1。オイリー肌の人は、皮脂腺の働きが活発になりすぎています。また、毛穴も大きくなりがちです。

敏感肌
敏感肌の人は、肌が荒れやすい傾向にあります。特定の製品を使うと、じんましんが出たり、吹き出物ができたりすることがあります。敏感肌の人の中には、頻繁にアレルギー反応を起こす人もいます。また、過剰な赤みや刺激を感じる人もいます。Frontiers in Medicine誌の記事によると、女性の約70%、男性の約60%が敏感肌であると報告しています。2

混合肌
乾燥肌と脂性肌の両方を併せ持つのが、混合肌です。Tゾーン(鼻、額、あご)はオイリーで、頬は乾燥してカサカサしていることがあります1。

肌の変化
あなたの肌は、時間とともに変化します。例えば、若いころのホルモンの変化で、子どものころにはなかったオイリー肌やニキビ肌になることがあります。また、環境や天候によっても、肌質は変化します。

肌タイプの違いの原因
肌タイプは、さまざまな理由で変化します。遺伝による影響も大きいですが、年齢、衛生状態、天候、基礎疾患など、その他の要因によっても影響を受けます。

年齢
年齢が上がるにつれて、肌は薄くなり、弾力性も失われていきます。年齢を重ねた肌は、以前のようなふっくらとした滑らかさを失います。このような変化は、肌の見た目や肌質にも影響を与えます。また、年齢を重ねるごとに肌が敏感になり、乾燥しやすくなります3。

日課のお手入れ
スキンケアは大切ですが、洗浄方法が肌タイプに影響を与えることをご存知ですか?ある研究によると、洗顔後のタオルドライなどは、肌のバリア機能に影響を与え、乾燥しやすくなることが示唆されています4。

天候と日照時間
天候も肌タイプに影響を与えることがあります。2005年の調査によると、人の肌は、場は油分が多く、冬場は乾燥しやすい傾向があるそうです5。例えば、冬に暖房をつけると、肌が乾燥しやすくなります。

また、日光に当たると、がダメージを受け、以前よりも薄くもろくなるため、肌が敏感になる可能性があります。

基礎疾患
酒さなどの皮膚疾患は、肌の過敏性を高めることがあります。同様に、湿疹や乾癬などの疾患は、皮膚を乾燥させる可能性があります6。

生活習慣と肌質
肌の健康や見た目に影響を与える生活習慣には、喫煙や無防備な日光への露出などがあります。これらは、色素沈着や早期のシワなど、目に見える老化の兆候を引き起こす可能性があります。7

自分の肌タイプを知る
自分の肌タイプを知るにはどうしたらよいのでしょうか。ニキビが何個かできたから、自分は特定の肌タイプだと思うかもしれません。

肌タイプによって、その特徴はさまざまです。肌タイプによって、水分量や油分量が異なり、また、敏感さも異なります8。ここでは、あなたの肌タイプを判断する方法をご紹介します。

肌にやさしい洗顔料を使い、顔を洗います。
1時間、顔に触れないように待ちます。
十分な時間が経ったら、ティッシュペーパーでTゾーンを軽くたたいてみてください。
以下のように解釈してください。

正常:ティッシュは油っぽくなく、肌がカサカサしたり、刺激や赤みが出たりしない。
オイリー。ティッシュペーパーが明らかに脂っぽく、肌がテカって見えます。
乾燥肌 乾燥:皮脂が少なく、肌がカサカサになり、赤い斑点ができることがあります。顔色が悪く見えることもあります。
混合肌。Tゾーンは脂っぽく、ティッシュペーパーにも脂が残りますが、他の部分は乾燥してテカります。
敏感肌。肌が赤く、乾燥しやすく、ある種の化粧品を使うとすぐに肌が荒れてしまう状態です。
皮膚科医がお手伝いします
自分の肌がどのタイプなのか、まだよくわからない?皮膚科医に相談すれば、あなたの肌に合ったスキンケア方法を教えてくれるでしょう。

タイプ別スキンケア
スキンケアの習慣は重要です。しかし、自分の肌タイプに合わせてお手入れをカスタマイズするのが理想的です9。

普通
あなたはラッキーです。あなたは吹き出物もなく、刺激も受けにくい肌をしています。しかし、だからといってスキンケアに手を抜いていいわけではありません。肌タイプに関係なく、次のことを心がけましょう。

毎日、止めを塗ること。
1日の終わりには、洗顔料でメイクや不純物を落とす。
顔を触らないようにする。
定期的にスキンチェックを行い、がんがないかチェックする。
乾燥
さまざまなことが乾燥肌を悪化させる可能性があります。ここでは、乾燥肌を和らげ、悪化させないためのヒントをいくつかご紹介します。

熱すぎるシャワーや入浴は避け、短時間で済ませる。
保湿、保湿、保湿。シャワーや入浴後はすぐに保湿し、水分を閉じ込めましょう。
加湿器を使用する。
クリーム状の保湿効果のある洗顔料で洗う。
オイリー
オイリー肌のケアには、製品の成分に注意することが必要です。毛穴を塞ぐようなものは避け、フリーやノンコメドジェニックと表示された製品を選ぶようにしましょう。

また、化粧水を塗るのは逆効果のように思えるが、オイリー肌にも必要なこと。また、あぶらとり紙を用意しておけば、1日中オイルをコントロールすることができます。

敏感肌
敏感な肌は刺激を受けやすいもの。敏感な肌に合う製品を見つけるには、試行錯誤が必要です。洗顔料は、肌にやさしい無添加・無香料のものを選ぶと、肌への負担が少なくなります。

肌の敏感さは個人差があります。皮膚科医に相談して、治療法があるかどうかを判断してもらいましょう。

組み合わせ
アメリカ皮膚科学会は、混合肌にはマイルドなクレンザーと中程度の保湿剤を推奨しています9。

Verywellからの一言
自分の肌タイプを知ることは、より良いスキンケアにつながります。しかし、いつも簡単にわかるわけではありません。肌タイプは、季節や時間によって変化します。もし、肌にトラブルがあり、何をしてもうまくいかないと感じたら、皮膚科医に予約を入れてください。皮膚科医は専門家であり、あなたが新鮮で自信を持てるようなスキンケアの方法を見つける手助けをしてくれるでしょう。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. American Academy of Dermatology. Skin type.
  2. Farage MA. The prevalence of sensitive skinFront Med (Lausanne). 2019;6:98. doi:10.3389/fmed.2019.00098
  3. National Institute on Aging. Skin care and aging.
  4. Choi JM, Lew VK, Kimball AB. A single-blinded, randomized, controlled clinical trial evaluating the effect of face washing on acne vulgarisPediatr Dermatol. 2006;23(5):421-427. doi:10.1111/j.1525-1470.2006.00276.x.
  5. Youn SW, Na JI, Choi SY, Huh CH, Park KC. Regional and seasonal variations in facial sebum secretions: a proposal for the definition of combination skin typeSkin Res Technol. 2005;11(3):189-195. doi:10.1111/j.1600-0846.2005.00119.x.
  6. National Institute of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases. Skin diseases.
  7. Asakura K, Nishiwaki Y, Milojevic A, et al. Lifestyle factors and visible skin aging in a population of japanese eldersJ Epidemiol. 2009;19(5):251-259. doi: 10.2188/jea.JE20090031
  8. American Association for the Advancement of Science. Determine your skin type.
  9. American Academy of Dermatology. Skin care tips dermatologists use.
  10. American Academy of Dermatology. Dry skin: Overview.
  11. American Academy of Dermatology. How to control oily skin.
  12. DermNet. Sensitive skin.