皮膚の健康のためのビタミン

利点、リスク、および研究
By Steph Coelho 更新日:2020年12月16日
医学的レビュー:Casey Gallagher, MD
印刷する
目次
における役割
必須ビタミン
使用方法
効能
危険性
あなたの体は、ビタミンを必要とします。ビタミンが不すると、さまざまな問題が生じます。時には、皮膚の外観に影響を与えるため、欠乏が非常に顕著になることがあります1。

ある種のビタミンは、肌の健康にとって特に重要です。とはいえ、マルチビタミンを摂取したり、ビタミンを配合したスキンケア製品を顔に塗ったりしたからといって、必ず肌がツヤツヤになるとは限りません。

肌の美しさの多くは、遺伝によって決ま ります。ビタミンが不足すると、肌の健康状態が悪くなる可能性がありますが、よほど不足した状態でない限り、ビタミンを摂取してもあまり効果はありません。

ビタミンを使った局所的なスキンケアの利点は、やや不明確です。しかし、サプリメントと同じで、必ず効 果が現れるという保証はありません。ただし、サプリメントと同様、必ず結果が出るという保証はありません。

スキンケア製品に含まれるビタミン
Theresa Chiechi / Verywell

スキンケアのためのビタミンとは何ですか?
すべてのビタミンが肌の健康に影響を与えるわけではありません。しかし、ビタミンEやのように、皮膚の自己修復能力に不可欠な役割を果たすものもあります。

スキンケアのためのビタミンに関する研究のほとんどは、結論が出ていないか、または限定的なものです。しかし、肌の健康を維持するために最も重要なことは、ビタミンを多く含む健康的な食事を摂ることです。健康なは、健康な肌を支えるのに役立ちます。皮膚は体の内側を映し出す窓のようなものです。例えば、黄疸のある肌は、肝臓に障害がある可能性があります。

特にビタミンが不足している場合は、サプリメントを飲んだり、ビタミンを配合したクリームやローションを皮膚に塗ったりすると効果的です。また、ビタミンを配合した美容液の中には、傷跡や黒点を目立たなくする効果のあるものもあります。しかし、肌のダメージを防ぎ、修復するために必要なビタミンを摂取するには、健康的な食生活を送ることが一番です。

ニキビや湿疹など、特定の皮膚疾患をお持ちの方は、スキンケアにサプリメントや外用薬を取り入れる前に、皮膚科医に相談されることをお勧めします。逆効果となり、肌をさらに刺激してしまう可能性があります。

スキンケアに欠かせないビタミン
ここでは、さまざまなビタミンが皮膚の健康にどのような役割を果たすかについて、詳しく説明します。これらのビタミンの摂取や外用と肌の健康との間に直接的な相関関係があることを理解するには、さらなる研究が必要です。

これらのビタミンは、健康的な食事から摂取することができます。これらのビタミンは、健康的な食事から摂取することができます。


レチノールと呼ばれるビタミンAは、市場で最も人気のあるスキンケア成分の1つです。レチノールは、小じわを目立たなくする効果があることを示す重要な臨床的根拠があります。また、皮膚の修復と治癒の速度を高めることができます。

しかし、残念ながら、局所的な処方は、皮膚刺激を引き起こす傾向があります。敏感肌の人は、パッチテストを行い、濃度が高くない製品から使い始めるとよいでしょう。

シワ治療のゴールドスタンダードとしてのビタミンA
ビタミンC
ビタミンCは、の形成に関与する物質として知られています。皮膚にどのような影響を与えるかについての研究はまだかなり限られていますが、紫外線によるを抑えることができるといういくつかの証拠があります4。

しかし、ビタミンCはUVAやUVBを吸収しないので、日焼け止めの代用として使用するべきではありません。ビタミンCが欠乏している人(壊血病)は、傷の治りが遅く、肌がすることがあります。

ビタミンCの肌への効果
ビタミンD
ビタミンDは、日光を浴びることで吸収されます。紫外線が肌に与える影響を懸念して、外出時には肌を覆ったり、日焼け止めを塗ったりしていると思いますが、これはビタミンD不足のリスクを高める可能性があります。

ビタミンDが不足すると、カルシウムの吸収に問題が生じ、ひいては骨の健康状態にも影響を及ぼします。ビタミンDの局所投与が乾癬に有効であることを示唆する研究もあります5。

ビタミンE
ビタミンEは、多くのスキンケア製品に含まれている成分です。健康な肌の維持に欠かせない抗酸化物質です。

紫外線を防ぐ効果はありますが、ビタミンCと同様、日焼け止めの代用品にはなりません。しかし、日焼けした肌の回復を助ける可能性があるため、多くの日焼け止めクリームやジェルの成分として含まれているのを見かけます6。

肌の健康のために抗酸化物質を使用するベストな方法
ビタミンK
ビタミンKは、血液凝固と骨の健康に関与しています。また、血液凝固を助けることから、傷の治療にも欠かせません。ビタミンKと皮膚の健康に関する研究はあまり多くありませんが、私たちが知っていることは、ビタミンKがあざを目立たなくする可能性を示唆しています7。

肌に良いビタミンB群とは?
ビタミンB群は皮膚の健康を改善するのに役立つのでしょうか?研究者は、多くのビタミンB群と皮膚の健康との間の役割を完全に理解しているわけではありません。例えば、ビオチンのサプリメントは、欠乏症の人に役立つかもしれませんが、健康な人に役立つという証拠はほとんどありません。ナイアシンやリボフラビンなど、他のビタミンB群についても同様です。

スキンケアにビタミンを利用する方法
健康な肌のために必要なビタミンを摂取するには、さまざまな方法があります。

ダイエット
肌の健康をサポートする様々なビタミンやミネラルを摂取するには、野菜や果物を多く取り入れたヘルシーな食事が最も効果的です8。ビタミンを安全に摂取できる方法でもあり、美肌を目指すなら、まず最初に実践すべき方法です。

ビタミンCを多く含む食品
サプリメント
食事で摂りきれないビタミンは、サプリメントで摂るのが便利です。しかし、サプリメントの場合、摂り過ぎの危険性があることも少なくありません。例えば、ビタミンAは摂り過ぎると害になります。サプリメントに頼る前に、食生活の改善を試みる方がよいでしょう。

サプリメントを試す場合は、かかりつけの医師に相談してください。自然食品とはいえ、サプリメントは薬と相互作用することがありますし、技術的に不足していなければ、過剰摂取になりがちです。

外用
ビタミンの中には、皮膚から吸収されるものもあります。そのため、ビタミンを添加したスキンケア製品が多く見られます。しかし、化粧水やクリームにビタミンが含まれていると書いてあるからといって、塗った後に魔法のように輝く肌を体験できるわけではありません。

すべての化粧水や美容液が同じように作られているわけではありません。中には、ビタミンを高濃度で配合しているものもあります。また、ビタミンの中には、特に有効成分の濃度が高いものは、皮膚に刺激を与える可能性があることも知っておく必要があります。慎重に使用し、肌に合うかどうか不安な場合は、皮膚科医に相談してください。

ビタミンが不足しているときのサイン
ビタミンが不足すると、色素沈着、傷の治りが悪い、抜け毛、爪の異常、かさつき、過度の乾燥などの症状が現れます9。しかし、これは完全なリストではありません。欠乏症の疑いがある場合は、医療機関に相談してください。血液検査は、特定の素が不足しているかどうかを確認する唯一の方法です。

効能・効果
スキンケア用のビタミンについて、よく言われることを以下に挙げます。

アンチエイジング。ビタミンに関する多くの主張には、広範な研究による裏付けがありません。レチノール(多くのスキンケア製品に含まれる合成ビタミンA)は、シワなどの老化現象に有効であることが研究で示されています10。
肌の弾力性を向上させる。ビタミンCの外用は、肌の弾力性を向上させる可能性があることが研究で示唆されています11。
皮膚の損傷を回復させる。ビタミンEが瘢痕形成に役立つかどうかについては、相反するエビデンスがあります。2015年に行われた研究のレビューでは、ビタミンEを外用することで傷跡が目立たなくなるケースもあれば、実際に悪化するケースもあることが実証されています12。
炎症を抑えます。スキンケア製品の中には、肌を落ち着かせるのではなく、刺激を与えてしまうものがあります。2009年に行われたある研究では、ビタミンEとビタミンDが接触性皮膚炎による皮膚の炎症に役立つ可能性があることが示唆されています。13

サプリメントの摂取を検討されている方は、バランスのとれた摂取と過剰摂取を避けるため、医療従事者とご相談の上、決定してください。

リスクについて
特定のビタミンを過剰に摂取すると、副作用が起こる可能性があります。ビタミンCは水溶性なので過剰摂取の心配はありませんが、外用薬として使用した場合、副作用が出る可能性があります。ビタミンCの外用による副作用には、以下のようなものがあります:14

皮膚の黄変
衣服のシミ
チクチクする
乾燥
じんましん
レチノイドの外用剤も、特に敏感肌の人には、皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。

ビタミンEを過剰に摂取することも、悪影響を及ぼす可能性があります。前立腺がんや心臓疾患のある人の死亡リスク上昇など、長期的な健康リスクの可能性を示唆する研究結果があります15。

Verywellからの一言
ビタミンサプリメントやスキンケア製品に関する研究のほとんどは、少人数の参加者によるものです。また、肌の健康に対するこれらのものの効果を測定するのは、非常に多くの変数や要因が絡んでくるため、難しいことです。例えば、日光にどれだけ当たるかによって、肌の状態は大きく変わります。

また、幸運なことに、ほとんど欠点のない肌を持つ優れた遺伝子を持つ人もいます。特に、にきびや酒さなど、何か特別な悩みを抱えている場合は、皮膚科医に相談するのが一番です。

肌の老化やシワが気になる場合、クリームやサプリメントを試すと効果があるかもしれませんが、お金のかかる道でもあります。結局のところ、ビタミン不足による肌トラブルを防ぐには、健康的な食生活が最も効果的なのです。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. Basavaraj KH, Seemanthini C, Rashmi R. Diet in dermatology: Present perspectivesIndian J Dermatol. 2010;55(3):205-210. doi:10.4103/0019-5154.70662
  2. Bilodeau K. Skin serum: What it can and can’t do. Harvard Health.
  3. Linus Pauling Institute. Vitamin A and skin health.
  4. Linus Pauling Institute. Vitamin C and skin health.
  5. Linus Pauling Institute. Vitamin D and skin health.
  6. Linus Pauling Institute. Vitamin E and skin health.
  7. University of Florida IFAS Extension. Facts about vitamin K.
  8. Harvard Health. Should you get your nutrients from food or from supplements?
  9. DiBaise M, Tarleton SM. Hair, nails, and skin: differentiating cutaneous manifestations of micronutrient deficiencyNutrition in Clinical Practice. 2019;34(4):490-503. doi:10.1002/ncp.10321
  10. Kong R, Cui Y, Fisher GJ, et al. A comparative study of the effects of retinol and retinoic acid on histological, molecular, and clinical properties of human skinJournal of Cosmetic Dermatology. 2016;15(1):49-57. doi:10.1111/jocd.12193
  11. Pullar JM, Carr AC, Vissers MCM. The roles of vitamin C in skin healthNutrients. 2017;9(8):866. doi:10.3390/nu9080866
  12. Sidgwick GP, McGeorge D, Bayat A. A comprehensive evidence-based review on the role of topicals and dressings in the management of skin scarring. Arch Dermatol Res. 2015;307:461-477. doi:10.1007/s00403-015-1572-0
  13. Javanbakht MH, Keshavarz SA, Djalali M, et al. Randomized controlled trial using vitamins E and D supplementation in atopic dermatitisJournal of Dermatological Treatment. 2011;22(3):144-150. doi:10.3109/09546630903578566
  14. Telang PS. Vitamin C in dermatologyIndian Dermatol Online J. 2013;4(2):143-146. doi:10.4103/2229-5178.110593
  15. Klein EA, Thompson IM, Tangen CM, et al. Vitamin E and the risk of prostate cancer: the Selenium and Vitamin E Cancer Prevention Trial (SELECT)JAMA. 2011;306(14):1549-1556. doi:10.1001/jama.2011.1437
  16. Office of Dietary Supplements. Vitamin E.

Additional Reading