スキンライトニングクリームとは?

肌の色を明るくするために作られた化粧品
キャリー・マドルモ, RN, MPH著

更新日: 2022年3月26日
印刷する
目次
定義
医薬品はどのように作用するか
治療される症状
警告
よくある質問
美白クリームは、美白クリームとしても知られ、肌の色を明るくするために作られたものです。クリームはしばしば、年齢によるシミやにきび跡など、の暗い部分をスポット的に治療するために使用されます。また、顔色を全体的に明るくするために使用されることもあります。

これらのクリームは、特定の皮膚疾患のために処方することができますが、彼らは副作用を持つことができます。特に、安全性が確認されていない市販のクリームの場合、そのリスクは深刻なものになる可能性があります。

この記事では、美白クリームがどのように機能するかについて説明します。また、美白クリームで治療できる症状や使用時のリスクについても解説します。

肌のお手入れ
NickyLloyd / ゲッティ イメージズ

定義
美白クリームは、皮膚を漂白し、明るくするために設計された製品です。メラニンのレベルを減少させるために皮膚細胞をターゲットにします。メラニンは、皮膚細胞によって生成される色素です。メラニンは、肌の明るさや暗さを決定します。

美白化粧品は、クリーム、ローション、、美容液などの形態で提供されています。クリームやオイルは通常重く、には適しています。あなたの肌が脂性側にある傾向がある場合は、軽い血清を選ぶことをお勧めします。皮膚科医は、どの種類があなたの肌タイプに最適であるかをアドバイスすることができます。

美白クリームは、オンラインや店頭で数種類販売されています。しかし、美白クリームを使用する前に、かかりつけの医師に相談するのが一番です。処方された製品は、危険な成分が含まれている可能性のあるOTC製品とは異なり、安全性と有効性が定期的にテストされています。
肌の色素沈着について知っておくべきこと
美白クリームの働き
美白クリームには、体内のメラニン生成を抑える働きのある成分が含まれています。メラニンは、メラノサイトと呼ばれる細胞でつくられます。美白化粧品は、肌のメラノサイトの数を減少させることで効果を発揮します1。

美白クリームの多くには、メラノサイトを減少させることが知られているハイドロキノンが含まれています。

また、美白クリームによく含まれるは、物質で、細胞内のメラニン生成を低下させることが知られています。

グリコール酸は、多くの美白クリームに含まれる成分で、角質除去剤として働きます。死んだ細胞を取り除くことによって、肌を明るくするのに役立ちます。

レチノイド、から派生した製品は、ダークスポットを明るくするために使用することができます。レチノイドは、皮膚表面の細胞のターンオーバーを促進することによって働きます。レチノール、アダパレンジェル、タザロテン、トレチノインなどがあります2。

ビタミンCの肌への効果
治療される症状
美白クリームは、変色を引き起こす様々な症状に使用されることがあります。これには以下が含まれます。

年齢によるシミ
そばかす
にきび跡
肝斑
炎症後色素沈着(PIH)
ホルモンバランスの乱れ
アジソン病3
肝斑と炎症後色素沈着(PIH)は、どちらも黒ずんだしみのようなものができる病気です。よく見られるのは、額や頬など、日光にさらされる部分です。

PIHは、皮膚に傷がついて炎症を起こしている部分の顔色が暗くなります。例えば、瘢痕(はんこん)があると、その部分が黒くなったり、ひどいが治った後に黒ずみが残ったりすることがあります。

また、ホルモンバランスの乱れやアジソン病などの内分泌疾患も、皮膚の黒ずみにつながることがあります3。

アジソン病では、副腎から特定のホルモンが十分に分泌されません。アジソン病の場合、副腎皮質刺激ホルモンが大量に分泌され、メラノサイトが刺激されてメラニンが多く作られるため、肌が黒くなるのだそうです。

化粧品と比較する
最近、化粧品売り場を歩いたり、化粧品のウェブサイトを見たりした人は、おそらく「肌を明るくする」と主張する何十種類もの製品を目にしたことでしょう。ブライトニング化粧品は、肌のトーンを均等にし、ダークスポットをカバーし、肌に露の輝きを残すことによって、全体的に明るい外観を提供するのに役立ちます。

この化粧品は、肌の表面に作用しますが、漂白剤とは異なり、肌細胞が作り出すメラニンの量には影響を与えません。メイクを落とせば、肌は自然に元の色に戻ります。

美白クリームの効果がどのくらい持続するかは不明です。しかし、長期間の使用は深刻なリスクを伴います(下記参照)。

警告
2020年、ハイドロキノンを含むOTC製品は市場から撤去されました。これは、食品医薬品局(FDA)が「一般に安全かつ有効であると認められていない」と分類したためです4。 ハイドロキノン製品が店頭から撤去されたとはいえ、処方箋があれば入手可能です。
ハイドロキノンという成分は、皮膚が黒く青く見える病気である外因性オクロノシスと関係があるとされています。この疾患は治療が難しく、皮膚が永久的に変色してしまう可能性があります。ハイドロキノンを皮膚の広い範囲に塗布したり、高濃度で使用すると、より一般的になる可能性があります5。

美白クリームの多くには副腎皮質ステロイドが含まれているため、ステロイドニキビも副作用の可能性があります。6 また、皮膚の破壊につながり、使用者に開放性のただれや傷跡が残ることもあります。

また、皮膚炎やなどの軽度の副作用も報告されています。
美白は偏見に根ざしている
美白クリームは、色彩主義を助長し、永続させるために使用される可能性があります。色彩主義とは、黒い肌よりも明るい肌の方が美しく、良いという考え方のことです。

世界中の女性が、特定の文化圏での偏見を避け、特権を得るために、時に危険なこれらの製品を使用するよう圧力を感じてきました7。

水銀中毒の危険性
近年、美白クリームに含まれる水銀の危険性が指摘されています。

水銀は重金属の一種で、少量でも毒性がある。FDAは、化粧品に含まれる水銀の量を、100万分の1(ppm)を超えない微量に制限しています。

しかし、2014年の研究で、研究者は549の美白化粧品の水銀含有量を検査しました。その結果、6%が1,000ppmを超える水銀を含有し、中には10,000ppmという高い水銀を含有するものもあることがわかりました。米国製品では、3.3%が1,000ppm以上の水銀を含有していました8。

米国産の方が安全性が高いとはいえ、オンラインで購入した製品の原産国を特定するのは難しい場合があります。

水銀に長期間さらされると、次のような症状が出ることがあります。

しびれ
ピリピリ感
めまい
物忘れ
頭痛
うつ病
より重篤な症状には以下が含まれます。

錯乱
筋力低下
呼吸困難
視覚の変化
歩行困難
水銀中毒の場合は、直ちに医師の診察が必要です9。

水銀にさらされると、時間の経過とともに腎臓に損傷を与える可能性があります。ネフローゼ症候群は、尿中に多量のタンパク質を排泄する腎臓の病気です。

ネフローゼ症候群の症状には、以下のようなものがあります。

ひどいむくみ
体液の貯留
泡状の尿
疲労感
食欲不振
しかし、ネフローゼ症候群は治療可能であり、水銀への曝露を止めれば治ります11。

美白化粧品の使用による長期的な影響については、さらなる研究が必要です。美白クリームに含まれる化学物質については、長期的な研究が行われていないため、長期的な症状につながるかどうかは不明です。

まとめ
美白クリームは、肌の暗い部分をスポット的に治療するため、あるいは肌全体を明るくするために使用されることがあります。肝斑や炎症後色素沈着など、特定の肌状態に対して処方されることもあります。

しかし、これらのクリームには重大な副作用があります。ハイドロキノン配合のものは、皮膚が黒く青くなる外因性オクロノシスという障害を引き起こす可能性があります。また、美白クリームの中には水銀を含むものがあり、水銀中毒やネフローゼ症候群と呼ばれる腎臓の病気を引き起こす可能性があります。

ヴェリウェルからのひとこと
美白クリームは、医療従事者の指導のもとで使用すれば、不要な肌の黒ずみやシミを改善するための選択肢のひとつとなりえます。しかし、これらの製品が肌のトーンを明るくしたり、濃いシミを目立たなくしたりするのにどれほど効果的であるかについては、現実的に考えてみてください。

美白化粧品を使用する前に、必ずかかりつけの医師に相談してください。医療機関は、あなたにとって安全で、あなたの肌の状態に適したクリームを使用していることを確認することができます。

よくある質問
ハイドロキノン漂白クリームはどのように作用するのですか?
ハイドロキノン漂白クリームは、体内のメラノサイトの数を減少させることによって作用します。メラノサイトとは、メラニンを生成する細胞です。メラニンが少なくなると、肌の色が明るくなります。

ハイドロキノンを含む製品を使用する人は、そのリスクについて知っておく必要があります。この成分を長期間使用すると、皮膚が黒くなったり青くなったりするオクロノシスを引き起こすことが知られています12。

肝斑に効く美白クリームはありますか?
はい、肝斑のための美白クリームはあります。ハイドロキノン、トレチノインとコルチコステロイド、トリプルコンビネーションクリーム、アゼライン酸、ビタミンC、コウジ酸など、さまざまなものがあります。処方箋が必要なクリームもありますので、皮膚科を受診する必要があるかもしれません13。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. Alexis AF. New and emerging treatments for hyperpigmentationJ Drugs Dermatol. 2014;13(4):382-5.
  2. American Academy of Dermatology Association. How to fade dark spots in darker skin tones.
  3. Sofen B, Prado G, Emer J. Melasma and post inflammatory hyperpigmentation: Management update and expert opinionSkin Therapy Letter. 2016;21(1).
  4. Charoo NA. Hyperpigmentation: Looking beyond hydroquinoneJournal of Cosmetic Dermatology. 2022. doi:10.1111/jocd.14746
  5. Bhattar PA, Zawar VP, Godse KV, Patil SP, Nadkarni NJ, Gautam MM. Exogenous ochronosisIndian J Dermatol. 2015;60(6):537-43. doi:10.4103/0019-5154.169122
  6. Benn EK, Alexis A, Mohamed N, Wang YH, Khan IA, Liu B. Skin bleaching and dermatologic health of African and Afro-Caribbean populations in the US: New directions for methodologically rigorous, multidisciplinary, and culturally sensitive researchDermatol Ther (Heidelb). 2016;6(4):453-459. doi:10.1007/s13555-016-0154-1
  7. Nyoni-Kachambwa P, Naravage W, F James N, Van der Putten M. A preliminary study of skin bleaching and factors associated with skin bleaching among women living in ZimbabweAfrican Health Sciences. 2021;21(1):132-139. doi:10.4314/ahs.v21i1.18
  8. Hamann CR, Boonchai W, Wen L, et al. Spectrometric analysis of mercury content in 549 skin-lightening products: Is mercury toxicity a hidden global health hazardJournal of the American Academy of Dermatology. 2014;70(2). doi:10.1016/j.jaad.2013.09.050
  9. Mount Sinai. Mercury.
  10. Chan TY, Chan AP, Tang HL. Nephrotic syndrome caused by exposures to skin-lightening cosmetic products containing Inorganic MercuryClinical Toxicology. 2019;58(1):9-15. doi:10.1080/15563650.2019.1639724
  11. Zhang L, Liu F, Peng Y, Sun L, Chen C. Nephrotic syndrome of minimal change disease following exposure to mercury-containing skin-lightening creamAnnals of Saudi Medicine. 2014;34(3).
  12. American Osteopathic College of Dermatology (AOCD). Hydroquinone.
  13. American Academy of Dermatology Association (AAD). Melasma: diagnosis and treatment.