アーモンドオイルの効果的な使い方

アーモンドの種類によって、さまざまな効果が期待できます。
By Lindsay Curtis 更新日:2022年5月14日
医学的審査:Casey Gallagher, MD
印刷する
目次
アーモンドオイルとは?
使用方法
アーモンドオイルに含まれる
効能
リスク
アーモンドオイルは、アーモンド自体に含まれる抗酸化作用、ビタミンなどの成分から、肌や髪ののために何世紀にもわたって使用されてきました1。

ビターアーモンドとスイートアーモンドという2種類のアーモンドオイルは、それぞれ異なる特性を持ち、異なる目的で使用されます。スイートアーモンドオイルは、肌にツヤを与え、健康的に見せる効果があり、肌荒れを鎮める効果も期待できます。ビターアーモンドは、石鹸やマッサージオイルなどに使用されています。

この記事では、アーモンドオイルがどのように作られ、どのように使われ、肌や髪にどのような効果があるのかを探ります。特に木の実のアレルギーをお持ちの方にとっては、リスクについても知っておくとよいでしょう。

アーモンドオイルの効果
ベリーウェル / テレサ・チエチ

アーモンドオイルとは
アーモンドオイルには2種類あり、それぞれ用途が異なります。

ビターアーモンドオイルは香りが強く、石鹸やアロマテラピー、マッサージセラピーに使われることがあります。スキンには問題ありませんが、飲み込むと毒性があります2。
スイートアーモンドオイルは、スイートアーモンドから抽出されたオイルです。スキンケアやヘアケア製品の成分として一般的に使用されています。
スイートアーモンドオイルは、アジアや中近東が原産のPrunus amygalus dulcisアーモンドツリーの果実から抽出されます。19世紀に米国で初めて登場しました。ビターアーモンドは、同じ木の別の品種であるPrunus amygalus amaraから採取されます。

コールドプレスアーモンドオイルは、室温で近代的なスチールプレスでアーモンドを圧搾して抽出されます。

アーモンドを絞るとオイルができ、抗酸化物質や脂肪酸など多くの栄養成分が含まれています。スイートアーモンドオイルもビターアーモンドオイルも、肌の引き締めなど、ヘアケアやスキンケアに使用することができます。ただし、ビターアーモンドオイルは食べたり飲んだりすると毒性があります。

アーモンドオイルの用途
スイートアーモンドオイルは、抗酸化物質と脂肪酸がたっぷり含まれています。アーモンドオイルは、抗酸化物質と脂肪酸を豊富に含んでおり、肌に深く浸透し、肌や髪に即効性のある効果をもたらします。

抗酸化作用や抗炎症作用があるため、アーモンドオイルはさまざまな用途に使われます。スムージーにして飲む人もいれば、毎日の肌のお手入れに外用する人もいます。

スウィートアーモンドオイルは、ピュアオイルとして店頭やネットで購入できます。また、以下のような多くの化粧品やヘアケア製品の成分として見つけることができます。

石鹸
ローション
ボディバター
リップクリーム
シャンプー、コンディショナー
ボディソープ
美白美容液
洗顔料
スイートアーモンドオイルは、髪にも良いオイルです。支持者は、以下のような複数の効果が得られると言います。

傷んだ髪を補修する
縮れ毛を抑える
髪の成長を促進する
アーモンド・エキスは、木の実アレルギーを持つ人にとって安全ですか?
アーモンド・オイルに含まれる栄養素
アーモンドオイルには、ビタミン、ミネラル、健康的な脂肪、タンパク質が含まれています。これらの栄養素は、肌や髪にアーモンドオイルの多くの利点を提供します。


アーモンドオイルはビタミンAを豊富に含んでおり、お肌に健康的な輝きを与えます。ビタミンA(レチノール)には、以下のような数多くの美肌効果があります3。

ニキビや吹き出物の予防
真皮と表皮(皮膚の一番上の2つの層)に潤いを与える。
新しい皮膚細胞の生成を促進する
小じわを目立たなくする
シワ治療のゴールドスタンダードとしてのビタミンA

ビタミンDは「太陽のビタミン」と呼ばれ、皮膚と髪の健康に有益です。ビタミンDが不すると、以下のようなさまざまな肌トラブルを引き起こす可能性があることが研究により示されています4。


抜け毛
創傷治癒の遅延
乾癬
アーモンドオイルを肌に塗ると、ビタミンDが以下のような効果を発揮する可能性があります。

細菌の過剰繁殖を抑える
赤く炎症を起こしたニキビの改善
皮膚炎症状の緩和
抜け毛の予防
ビタミンD欠乏症について
ビタミンE
アーモンドオイルは、有害なフリーラジカルから体を守る強力な抗酸化物質であるビタミンEを最も多く含む食品の1つです。これらの化学物質は、多くの慢性疾患や老化に関係しています。

アーモンドオイルに含まれるビタミンEは、以下のような点で肌をサポートする可能性があります。

傷跡を薄くする
によるダメージの回復
老化の兆候を軽減する
肌の健康的な回復を促す最高の傷跡用クリーム
ミネラル
アーモンドオイルには、以下のような健康維持に役立つミネラルが豊富に含まれています。

マグネシウム
カルシウム
カリウム
亜鉛
亜鉛は、ニキビを治すのに有効です。マグネシウムは、頭皮にカルシウムが蓄積されるのを防ぎ、フケや乾燥、カサカサした頭皮を改善します。また、髪の成長を促進する効果もあります7。

乾燥肌のためのビタミンとサプリメント10選
オメガ脂肪酸
オメガ3脂肪酸は、皮膚の健康に非常に有益です。健康な肌には欠かせない成分で、アンチエイジングに効果的な抗酸化物質を供給します。

アーモンドオイルはバランスのとれた脂肪酸組成を持っています。オメガ6系必須脂肪酸であるリノール酸は、肌の保湿を助け、潤いのある健康な肌の維持に重要な役割を果たします8。

アーモンドオイルを摂取するにしても、外用するにしても、脂肪酸は、肌タイプや年齢に関係なく、肌をよりなめらかに、より若々しくするのに役立ちます。

アレルギーの警告
ナッツアレルギーの方は、アーモンドオイルを使用しないでく ださい。アーモンドオイルはナッツのアレルゲンを含んでおり、摂取または局所的に使用するとアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

ビタミンK
ビタミンKは、あまり知られていない栄養素ですが、お肌の健康を保つために重要な役割を果たします。アーモンドオイルに含まれるビタミンKは、以下のような皮膚にできる傷を目立たなくする効果が期待できます。

ストレッチマーク(妊娠線
クモ状静脈
傷跡
アーモンドオイルに含まれるビタミンKは、以下のような美肌効果があります。

毛細血管(体内で最も細い血管)を丈夫にする
目の腫れを抑える
肌の赤みを抑える
敏感肌を和らげる
まとめ
アーモンドオイルには、ビタミンA、D、E、K、オメガ脂肪酸、ミネラルなど、肌によい栄養素が多く含まれています。これらの成分は、肌にハリや透明感、潤いを与える効果が期待できます。

効能
アーモンドオイルは、傷やシワを目立たなくする可能性を含む、皮膚に対する多くの潜在的な効果があります。

肌の状態を整える
アーモンドオイルは、モイスチャライザー(潤いを与える)とエモリエント(肌をなめらかにする)の両方の作用があります。この組み合わせにより、スキンケア製品によく使われています。

また、刺激が少なくさらっとしているので、敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。アーモンドオイルは、以下のような皮膚疾患の治療に使用されています。

乾癬
にきび
湿疹
皮膚炎
スイートアーモンドオイルを配合したハンドクリームは、手指の皮膚炎を緩和することが研究で明らかにされています。また、アーモンドオイルには抗菌・抗真菌作用があるため、ニキビ肌にも有効で、赤みや炎症を抑えてくれます。

また、アーモンドオイルは、顔色や肌のトーンを改善する効果があるため、毎日の顔の保湿剤として使用する人もいます。

傷跡を目立たなくする
怪我や手術後の傷は、しばしば皮膚に瘢痕を残すことがあります。アーユルヴェーダや古代中国の医学者は、傷跡を目立たなくし、肌を落ち着かせるためにアーモンドオイルを使用します。

アーモンドオイルが術後の傷跡を目立たなくする効果があることは、逸話的証拠と臨床経験の両方が示しています。

例えば、研究者はオイルの抗炎症作用に注目し、傷跡を目立たなくさせることができると述べています。しかし、決定的なデータはないため、術後の傷跡を軽減する効果を実証するためには、さらなる研究が必要です。
アーモンドオイルは、肌を落ち着かせ滑らかにする自然療法として人気があり、顔のにきび跡を目立たなくするために使用する人もいるようです。

ストレッチマーク(妊娠線)を消す
思春期や妊娠中に体が急激に成長すると、その伸縮によって皮膚のやエラスチンが破裂することがあります。そして、皮膚が回復するにつれて、体にストレッチマークが形成されます。

アーモンドオイルは、妊娠中の人の妊娠線を予防し、 皮膚が回復する過程で妊娠線によるかゆみを軽減することが 研究で明らかにされています。例えば、妊娠中の人を対象としたある研究では、参加者が毎日アーモンドオイルを直接肌に塗った場合、妊娠線ができにくくなることがわかりました10。

すでに妊娠線がある場合は、アーモンドオイルを定期的にマッサージすることで、妊娠線を薄くし、肌の調子を整え、柔らかくすることができます。

紫外線ダメージの軽減
紫外線を長時間浴びると、肌の老化が早まり、小じわやシミの原因となることがあります。アーモンドオイルは、日焼けによる早期老化を遅らせる効果があることが、研究により明らかにされています。

アーモンドオイルは効果的なバリアとなり、有害な紫外線から肌を保護します。さらに、オイルに含まれるビタミンEには抗酸化作用があり、紫外線による細胞の損傷を防ぎます。

小規模な臨床研究では、アーモンドオイルの日焼け止めはSPF15で、他の市販のSPF15の日焼け止めと同等であることが示されました11。さらに、動物モデルを使った研究では、アーモンドオイルを局所的に塗ると、太陽からの皮膚損傷を効果的に防ぐことができました12。

アーモンドオイルは、日焼け止めと一緒に顔や体に塗ることで、日焼けを防ぎ、肌を若々しく保つのに有効です。

健康な髪をつくる
アーモンドオイルは、髪のタイプに関係なく、髪の外観と健康を向上させる利点があります。アーモンドオイルをシャンプーに混ぜると、髪に自然な輝きを与え、健康で輝くような髪にすることができます。

また、アーモンドオイルは細胞レベルで、髪の傷みを修復する効果があります。さらに、オメガ脂肪酸が豊富なため、髪にうるおいと弾力性を与える効果も期待できます。具体的には、アーモンドオイルは髪と頭皮に以下のような効果をもたらします。

抜け毛。ある研究では、アーモンドオイルを頭皮に直接塗布することで、抜け毛を回復させることができることが示されました。しかし、発毛を促進する効果を証明するためには、より多くの研究が必要です13。
フケ。フケ:頭皮のかゆみや赤み、フケが気になる場合、アーモンドオイルを頭皮に直接塗ると、炎症を抑え、頭皮の炎症を鎮めることができます。
縮れ毛 くせ毛にお悩みですか?小豆大のアーモンドオイルを毛先につけると、髪に潤いを与え、縮れを抑えることができます。
アーモンドオイルを髪に使うには、頭皮に塗り、根元から毛先までやさしくマッサージします。そのまま20分以上放置します(必要であれば一晩中)。

まとめ
アーモンドオイルには、傷跡や小じわ、妊娠線などを目立たなくさせるなど、肌の健康を保つためのさまざまな効果が期待できます。さらに、湿疹、皮膚炎、乾癬などの皮膚疾患を緩和するために使用する人もいます。しかし、研究は限られているため、これらの主張を裏付けるには、より多くの研究が必要です。

すべての髪質に最適なヘアオイル
リスク
スウィートアーモンドオイルは、一般的に誰でも髪や肌に使用しても安全です。

ナッツアレルギーのある人
を使用すると、毛穴を塞いで吹き出物を引き起こす可能性があるため、にきび肌の人は、アーモンドオイルを顔に直接塗ることは避けてください。
木の実アレルギーを理解する
まとめ
スイートアーモンドオイルには、ビタミン、ミネラル、脂肪酸、抗酸化物質など、肌に良い栄養素が多く含まれています。そのため、このオイルは肌や髪を落ち着かせたり、潤いを与えたりする効果が期待できます。

また、傷跡、妊娠線、シワを目立たなくするためや、肌の状態を整えるために使用する人もいます。限られた研究は、これらの利点のいくつかをサポートしていますが、より多くの研究が必要です。

Verywellからの一言
この人気のあるオイルは、オイルとして購入することも、化粧品やパーソナルケア製品に含まれているものもあり、店舗やオンラインで購入することができます。アーモンドオイルは一般的にとても安全だと考えられているので、ほとんどの人が問題なく使うことができます。ただし、ニキビがある人は、毛穴に詰まる可能性があるので、肌に直接塗るのは避けた方がいいでしょう。また、ナッツアレルギーのある方は、局所的であってもアーモンドオイルは使用しないでください。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. Moradi B, Heidari-Soureshjani S, Asadi-Samani M, Yang Q. A Systematic Review of Phytochemical and Phytotherapeutic Characteristics of Bitter Almond. International Journal of Pharmaceutical and Phytopharmacological Research, 2017; 7(2):1-9.
  2. Zhang L, Zhao M, Chen J, Wang M, Yu X. Reduction of cyanide content of bitter almond and its oil using different treatmentsInt J Food Sci Technol. 2019;54(11):3083-3090. doi:10.1111/ijfs.14223
  3. Oregon State University. Vitamin A and Skin Health.
  4. Bocheva G, Slominski RM, Slominski AT. The Impact of Vitamin D on Skin AgingInt J Mol Sci. 2021 Aug 23;22(16):9097. doi:10.3390/ijms22169097
  5. Mostafa WZ, Hegazy RA. Vitamin D and the skin: Focus on a complex relationship: A reviewJ Adv Res. 2015;6(6):793-804. doi:10.1016/j.jare.2014.01.011
  6. Keen MA, Hassan I. Vitamin E in dermatologyIndian Dermatol Online J. 2016;7(4):311-315. doi:10.4103/2229-5178.185494
  7. National Institutes of Health. Office of Dietary Supplements. Magnesium.
  8. US Department of Agriculture. Almond oil.
  9. Zeichner JA, Berson D, Donald A. The use of an over-the-counter hand cream with sweet almond oil for the treatment of hand dermatitisJ Drugs Dermatol. 2018;17(1):78-82.
  10. Timur Taşhan S, Kafkasli A. The effect of bitter almond oil and massaging on striae gravidarum in primiparaous womenJ Clin Nurs. 2012;21(11-12):1570-1576. doi:10.1111/j.1365-2702.2012.04087.x
  11. Miyar ME, Diven DG, Cosulich MT, et al. Serving the underserved: creating a low-cost sunscreen with natural ingredients for humanitarian medical trips to the developing worldBr J Dermatol. 2014;171(2):415-417. doi:10.1111/bjd.12993
  12. Sultana Y, Kohli K, Athar M, Khar RK, Aqil M. Effect of pre-treatment of almond oil on ultraviolet B-induced cutaneous photoaging in miceJ Cosmet Dermatol. 2007;6(1):14-19. doi:10.1111/j.1473-2165.2007.00293.x
  13. Gupta, A, Malviya R, Singh T, Sharma P. Indian medicinal plants used in hair care cosmetics: A short reviewPharmacognosy Journal. 2010;2.361-364. doi:10.1016/S0975-3575(10)80110-5
  14. Final report on the safety assessment of sweet almond oil and almond mealJournal of the American College of Toxicology. 1983;2(5):85-99. doi:10.3109/10915818309140716