生分解性日焼け止め

日差しの強い場所に行く場合、あるいはどこに行く場合でも、有害な紫外線から肌を守るために止めを用意したいと思うでしょう。しかし、すべての日焼け止めが同じように作成されません。生分解性の日焼け止めは、観光地で必要とされている特別なタイプの日焼け止めです。

生分解性サンスクリーンは、観光地などでは必須アイテムとなっています。

女性に日焼け止めを塗る男性
PeopleImages/DigitalVision/Getty Images
サンスクリーンとは?
生分解性日焼け止めは、生分解性のボトルで売られている普通の日焼け止めだというのは、よくある誤解です。生分解性日焼け止めは、通常の日焼け止めによく含まれる化学成分のほとんどを含まない日焼け止めの一種です。水泳、サーフィン、スキューバダイビングなどの水辺のアクティビティで洗い流されても、植物や動物にダメージを与えないという点で、環境にやさしいと考えられています1。

スキューバダイビングなど一部の海のエクスカーションでは、生分解性の日焼け止めが必須で、生分解性でない日焼け止めは没収されることがあります。

生分解性日焼け止めの成分はメーカーにより異なりますが、分解されると生態系に悪影響を及ぼすとされる以下の化学成分を含まないものです2。

PABA(パラアミノ安息香酸)
オクチノキシ酸
オキシベンゾン
4-メチルベンジリデン
カンフル
ブチルパラベン
より環境に配慮した成分として、酸化チタンや酸化亜鉛などがあります3。

効果
生分解性日焼け止めは、正しく使用すれば、通常の日焼け止めと同様に効果があります。4 ほとんどの生分解性日焼け止めブランドは、通常の日焼け止めブランドと同様に、SPF(15、30、50などの日焼け防止指数)の数種類を提供しています。

しかし、日焼け止めの粘度と時間は、あなたが普段使っているものと異なるかもしれませんので、塗布と再塗布については、必ずメーカーの指示に従ってください。生分解性日焼け止めは、通常の日焼け止めよりも厚く、早く乾くと感じる人もいますが、これはブランドによるものです。

日焼け止めアレルギーの人は考慮すべきですか?
科医は、肌が通常の日焼け止めにアレルギーがある、または敏感な人に生分解性日焼け止めを勧めるかもしれませんが、確かにアレルギーがある人のための唯一の選択肢というわけではありません。

多くの人は、ほとんどの日焼け止めに含まれる成分であるPABAに対して特定のアレルギーを持っています。ですから、生分解性でなくても、PABAを含まない日焼け止めを選べば、日常的に使うには十分かもしれません。人によっては、皮膚科医(皮膚、髪、爪の状態を専門とする医師)にパッチテストをしてもらい、自分がどの成分にアレルギーがあるのかを判断してもらうとよいでしょう。

購入方法
残念ながら、ほとんどのお店では、生分解性日焼け止めを通常の日焼け止めのように手軽に購入できるわけではありません。生分解性日焼け止めを探すなら、インターネットや食品/オーガニック専門店が一般的でしょう。旅行先で売られている場合もありますが、インターネットや自宅近くの店で購入した場合よりもかなり高くつく可能性があることを忘れないでください。

また、「生分解性」という言葉が含まれたラベルを探しましょう。PABAフリーの日焼け止めは、環境にやさしくない他の化学物質を含んでいる場合があるので、必ずしも生分解性日焼け止めと同じとは限りません。生分解性日焼け止めの人気ブランドは以下の通りです。

Mexi-Tan
カリビアンソリューションズ
ネイチャーズゲート
キスマイフェイス
ハワイアントロピカルの生分解性ローション
もちろん、生分解性日焼け止めのブランドはこれだけではありませんが、上記のものは広く販売されているため、手に入れやすいかもしれません。

まとめ
通常の日焼け止めは有害な紫外線からあなたを守るかもしれませんが、日焼け止めに含まれる化学物質が環境に害を与える可能性があります。これらの化学物質が海で洗い流され分解されると、海洋生物やサンゴに害を及ぼし、環境を破壊してしまう可能性があります。

一方、生分解性の日焼け止めは、これらの有害な化学物質を含まないため、海洋生物にとって安全です。ラベルに「Biodegradable(生分解性)」という言葉があるかどうかを見てください。酸化亜鉛や酸化チタンなどの成分のみを含む日焼け止めを使用しましょう。

よくある質問
生分解性の日焼け止めは、リーフセーフと同じですか?
はい、そうです。どちらの用語も、自然に分解される化学物質を含まない日焼け止めを指し、海洋生物やサンゴ礁に害を与える可能性のある成分や化学物質を含まないものを指します。

酸化亜鉛の日焼け止めは生分解性ですか?
はい、そうです。生分解性日焼け止めの一般的な成分です。

生分解性日焼け止めは、アレルギーに優しいですか?
一般的に、そうです。日焼け止めにアレルギーを持つ人の多くは、日焼け止めに含まれる合成成分にアレルギーがあるのです。生分解性日焼け止めは、多くの場合、肌に優しいミネラルを含んでいます。生分解性日焼け止めを使用する前に、皮膚科医に相談し、成分を再確認してください。

日焼け止めが生分解性であるかどうかは、どうすればわかるのでしょうか?
ラベルに記載されていることが多いですが、記載されていない場合は、成分を確認してください。この記事で紹介した化学物質が含まれている場合は、生分解性ではありません。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. Danovaro R, Bongiorni L, Corinaldesi C. Sunscreens Cause Coral Bleaching by Promoting Viral InfectionsEnvironmental Health Perspectives. 2008;116(4):441-447. doi:10.1289/ehp.10966
  2. Pandika M. Looking to Nature for New SunscreensACS Cent Sci. 2018;4(7):788-790. doi:10.1021/acscentsci.8b00433
  3. Oceanic Society. Reef safe sunscreen: Our guide to ocean-friendly sun protection.
  4. Yoo J, Kim H, Chang H, Park W, Hahn SK, Kwon W. Biocompatible organosilica nanoparticles with self-encapsulated phenyl motifs for effective UV protection. ACS Applied Materials & Interfaces. 2020;12:9062-9069. doi: https://doi.org/10.1021/acsami.9b21990