変形性関節症は、一般的な関節炎です。関節の骨が互いに滑るための柔軟な組織である軟骨が損傷することで発症し、関節の痛み、こわばり、腫れが生じます。 65歳以上の成人に多く見られますが、どの年齢の方でも発症する可能性があります。 変形性関節症は、摩耗性関節炎、退行性関節疾患、退行性関節炎とも呼ばれることもあります。 治療は、炎症と痛みを軽減し、機能を最大限に高めることを目的としています。