ADHDとアンガーマネジメント

ADHDとアンガーマネジメント

)の人は、ADHDでない人に比べて激しいを経験することがよくあります。「あなたは自分のために繊細すぎる」「あなたはとても薄情だ」といった言葉をずっと耳にしてきたのではないでしょうか。

これは、ADHDが神経発達障害であり、感情調節障害を引き起こす可能性を高める形で脳に影響を与えるからです。映画や結婚式で泣いたり、や情熱を表現することは、人々にとって愛すべきことかもしれません。しかし、怒りの感情を頻繁に表現すると、周囲の人は怖くなったり、イライラしたりして、離れていってしまいます。

怒りが頻繁に起こるその他の理由としては、以下のようなものがあります。

  1. ADHDと暮らすことで、よりの多い状況が引き起こされる。
  2. 不安やなどの併存疾患により、機嫌が悪くなったり、攻撃的になったり、焦ったり、怒ったりすることが多くなる。

怒りを表現することに利点がある場合があることにお気づきかもしれません。例えば、人は自分の欲しいものをすぐに与えてくれます。また、ストレスを解消する手っ取り早い方法のように思えることもあります。しかし、衝動的な怒りの表現は、自分の欲求を満たしたり、ストレスを軽減するための的な方法とは言えません。

その場から離れる

怒りがこみ上げてきたら、その場から立ち去りましょう。これは、を長期的に健全に保つために重要です。ADHDの人は、怒ったり、叫んだりすることが非常によくあります。そして、数分後には気分が良くなり、その日一日を続けるのです。しかし、怒りの矛先を向けられた人は、再び正常な感覚を取り戻すのに何時間もかかることがあります。誰もがこれほど早く立ち直れるわけではありませんし、それが頻繁に起こると、人間関係は回復しないかもしれません。

運動する

運動はADHDを管理するのに最適な方法です。また、怒りに対処するのに役立つツールでもあります。毎日運動していると、ストレスレベルが下がり、日常のイライラに対する耐性が高まります。つまり、怒りを感じる頻度が少なくなるのです。怒りを感じたら、散歩をしたり、階段を上ったりすると、怒りの感情は薄れていくでしょう。

自分を表現する

怒るのではなく、言葉で自分を表現することを学びましょう。怒りは感情のシグナルであり、自分が欲しいもの、必要なもの、そうでないものについて何かを伝えようとしていることを認識することが重要です。自分がどう感じているのか、何を必要としているのかを明確に伝えることができれば、自分の話を聞いてもらい、理解されたと感じることができます。また、何があなたを苦しめているのか、他の人に知ってもらうこともできます。私たちは幼い頃、自分を表現するための言葉を持っていなかったので、怒りで自分を表現する習慣が身につきました。怒りが爆発するのは、別の対処法がまだ確立されていないために、単に習慣になっているだけの場合もあります。

境界線を維持する

人に対する怒りを経験した後、「何に腹を立てたのか」と自問してみましょう。それは、相手が個人的な境界線を越えたということかもしれません。ADHDの人は、自分の境界線を維持するのが難しいと感じることがあります。それでも、境界線が破られたときに反応するのではなく、境界線を強制することができれば、尊重されていると感じ、怒ることも少なくなるでしょう。

計画を立て、行動する

ADHDと暮らすことはストレスが多いことです。毎日、圧倒され、予定より遅れていると感じ、状況に反応することができます。遅刻して交通渋滞に巻き込まれたら、道路上の他のドライバーに腹を立てるかもしれません。これに対して、一日の計画を立てると、自分ではコントロールできない予期せぬ出来事も許容できるようになります。

参考文献
Findcare Healthの記事は、査読済みのレポートを含む、高品質の情報源のみを使用しています。二次的な情報は一切使用しておりません。私たちがどのように事実を確認し、コンテンツの正確性、信頼性、信用性を確保、維持しているかについて詳しくは、編集ポリシーをお読みください。
  1. Shaw P, Stringaris A, Nigg J, Leibenluft E. Emotion dysregulation in attention deficit hyperactivity disorderAm J Psychiatry. 2014;171(3):276–293. doi:10.1176/appi.ajp.2013.13070966
  2. Wilens TE, Spencer TJ. Understanding attention-deficit/hyperactivity disorder from childhood to adulthoodPostgrad Med. 2010;122(5):97–109. doi:10.3810/pgm.2010.09.2206
  3. Garfinkel SN, Zorab E, Navaratnam N, et al. Anger in brain and body: the neural and physiological perturbation of decision-making by emotionSoc Cogn Affect Neurosci. 2016;11(1):150–158. doi:10.1093/scan/nsv099
  4. Compas BE, Jaser SS, Dunbar JP, et al. Coping and emotion regulation from childhood to early adulthood: Points of convergence and divergenceAust J Psychol. 2014;66(2):71–81. doi:10.1111/ajpy.12043
  5. Children and Adults with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder (CHADD). Relationships & Social Skills.
  6. Williams R. Anger as a basic emotion and its role in personality building and pathological growth: The neuroscientific, developmental and clinical perspectivesFront Psychol. 2017;8:1950. doi:10.3389/fpsyg.2017.01950
  7. Rassovsky Y, Alfassi T. Attention improves during physical exercise in individuals with ADHDFront Psychol. 2019;9:2747. doi:10.3389/fpsyg.2018.02747
  8. Basso JC, Suzuki WA. The effects of acute exercise on mood, cognition, neurophysiology, and neurochemical pathways: A reviewBrain Plast. 2017;2(2):127–152. doi:10.3233/BPL-160040
  9. Canela C, Buadze A, Dube A, Eich D, Liebrenz M. Skills and compensation strategies in adult ADHD – A qualitative studyPLoS One. 2017;12(9):e0184964. doi:10.1371/journal.pone.0184964
  10. John M. Eisenberg Center for Clinical Decisions and Communications Science. Treating Disruptive Behavior Disorders in Children and Teens: A Review of the Research for Parents and Caregivers. Agency for Healthcare Research and Quality; Rockville, MD. 2016.